今月の運気九星人早見表 

2020年12月の運気

七赤金星の月

 今月は、師走(しわす)と言いますが、その由来は坊主(師、師には僧侶の意味もある)が走り回るほど忙しい月と言われていますが、伊勢神宮や各地崇敬社の御師(神宮大麻、神札を配る祈祷師)達が、各家庭を巡ることからです。クリスマスツリーを家庭で飾れば家庭運。全体運がアップします。

あなたの九星を調べてみましょう!

 

一白水星(いっぱくすいせい)

六白金星(ろっぱくきんせい)

二黒土星(じこくどせい)

七赤金星(しちせききんせい)

三碧木星(さんぺきもくせい)

八白土星(はっぱくどせい)

四緑木星(しろくもくせい)

九紫火星(きゅうしかせい)

五黄土星(ごおうどせい)

自分の生まれた年の上に書いてある星があなたの本命星です。(ただし1月1日から節分までに生まれた人は前の年になります。)

※ S=昭和、T=大正、H=平成

​西暦、または生まれた年で検索できます。

九星人早見表(本命星)

今月のラッキーアイテム

 
01.jpg

八白土星

はっぱくどせい

気持ちが良いほど思い通りに事が運びます。新年1月まではこのまま高運気が続きますから、やる事が有れば今月取り掛かりましょう。財布、金庫の中の整理整頓で運気アップ!

02.jpg

六白金星

ろっぱくきんせい

万事好調ですが、特に交友関係が良好です。長年温めてきた取引が始まり、商談、縁談等も上手く運びます。不動産関係も動き出すが無理をすると元の木阿弥になる暗示あり。

03.jpg

五黄土星

ごおうどせい

今までの地道な努力が評価され、予定や計画は今月からスタートすると上手くいきますが、遊びで思わぬ散財の暗示があります。会食、宴会での浮かれ過ぎはほどほどに。

04.jpg

九紫火星

きゅうしかせい

思わぬ収穫の兆しあり。幸運に恵まれて忙しい毎日ですが、ほっと一息つく時間も大切です。感情をそのまま言葉にしない様気を付けて。玄関の掃除をして赤い花を飾れば運気UP。

05.jpg

七赤金星

しちせききんせい

色々な問題が次々に起こりますが、逆に必ず助け船も現われます。誰に対しても心を込めて対応すれば、知らぬ間に良い方向に向かっています。赤いバラの花を玄関に飾ればOK。

06.jpg

二黒土星

じこくどせい

今までの努力が実を結び表面上は華やかな月になりますが、過去の過ちや禍が表に現われて窮地に立たされる月でもあります。人の意見を素直に聞けば問題は解決します。

07.jpg

四録木星

しろくもくせい

友人や職場の人々の集いが多い月ですが、家庭運が好調です。早めに帰宅して家族で鍋料理を楽しみ、金色のモールやスターをたくさんクリスマスツリーに飾れば運気もアップ。

08.jpg

一白水星

いっぱくすいせい

今まででは考えられない問題が起きますが、それは、もしかしたら凄く面白い良い事かも知れません。色々な問題を解決しながら生きるのが人生。楽しんでいきましょう。

09.jpg

三碧木星

さんぺきもくせい

思い通りに物事が運びません。何となく体も不調ですが、そんな時はのんびり読書、散歩を。「果報は寝て待て」「待てば海路の日和あり」です。氏神様参拝を忘れずに。